レディ

利用者から評判の高いあすなろ【人気の理由を大公開】

基礎学力を身に着ける

男の子

小学生の間に身に着ける

中学受験を目指すのが、子供主体か親主体かでその後の成長が変わります。算数の好きな子、得意な子は、意欲的に問題に取り組めるので、新しい問題への挑戦が楽しめます。理解力がある子は、難問へどんどん進めます。ただ、中学受験の場合は、好きというだけでなく正確に答えが書けるという集中力や注意深さも必要な要素となります。計算力はあっても、問題を注意深く読まない早とちりでは、正しい答えは書けません。このようなミスが多くて点数に結びつかないと、意欲が落ちるので、塾など周囲の応援も必要になってきます。はじめから子供主体というケースは少ないです。そして、親に勧められた中学受験で、はじめは親主体であっても、やらされている意識も算数の成績が伸びてくると次第に子供主体の意欲的な取り組みに変わってきます。学力の伸びが実感できるくらいに、結果が伴えば本人の勉強への達成感も伴ってくるので、ますます勉強が楽しくなるというわけです。算数は答えが一つなので正確に式を書いて計算を正しく行えば答えが出ますから、国語より結果を出しやすい科目です。また、算数は自分で考えるトレーニングを積んでおくことで中学受験の当日でも、応用がきくため、自信をもって答案が作成できます。受験校にもよりますが、2科受験と4科受験の2種類選べる場合があります。算数に特化して得意な場合は2科受験をお勧めします。もし、算数が苦手なら4科受験をお勧めします。